【発表会】カーテンコール(お辞儀)について

投稿日:

カーテンコール(最後のお辞儀)の良し悪しは、舞台全体の出来を左右するといっても大げさではありません。

発表会では、3~4分ほどの小品の最後に小さなカーテンコール、そして物語を踊るときは一曲使ってカーテンコールをします。

見てくださったお客様に感謝の気持ちを伝えると同時に、長い練習期間を経て本番を迎え、無事に踊り終わった自分と向き合う時間でもあります。

プロの人たちがどういう風にカーテンコールをしているか、ぜひ見てほしいです。

劇団四季『リトルマーメイド』@キャナルシティ劇場/カーテンコール

ミュージカル『エリザベート』@帝国劇場/カーテンコール

ミュージカル『バスティーユの恋人たち』@帝国劇場/カーテンコール

どの人もとても丁寧に、笑顔でお辞儀をしていると思います。

舞台に立っている自分に各自がしっかりとプライドを持って、カーテンコールに臨んでほしいです。