衣装についてのお約束

こちらのページでは、衣装を借りた時のお約束について記載しています。

衣装を大事にして、後で着る人が綺麗に長く着られるようにしましょう。

 

①衣装をもらう時

前もって衣装の配布をお知らせしますので、持ち帰るための「衣装袋」を準備してください。

 

②保管について

■吊るして保管!

できるだけ「吊るして保管」をします。衣装袋の中に入れっぱなしにしないようにしましょう。

 

■小物は小分けに!

小物はジップロックなどに入れて、小分けにして保管・持ち運びをしてください。

そのまま衣装袋に入れておくと、小物の角が衣装に引っかかって衣装に傷が付いたりします。

 

■洗濯しないで!

自宅では絶対に洗濯しないでください。(過去に一度だけ、洗濯機に入れられるという事故がありました)

衣装付きの練習後も洗濯はせず、影干しをしてください。

消臭スプレーも、染色が落ちる可能性があるのでNGです。

 

③持ち運びについて

一時的に折りたたむ際は、できるだけウェストの部分で折り、スカートを折らないようにしましょう。特にチュールのスカートは、一度折り目が付くと元に戻すのが大変です。

また、雨にも注意しましょう。

ベストなのは、スーツなどを持ち運ぶようなハンガー付きの袋、もしくはファスナーで完全に密閉できる大きな袋です。

 

④衣装付きのレッスンについて

舞台が近くなったら、衣装付きのレッスンがあります。

小物などの忘れ物に注意して、タイツやインナーも本番通りのものを着用して練習・確認をしましょう。

頭飾りがある場合は、シニヨンにしてきてください。(飾りが取れないように練習します)

年上の子は、年下の子の着替えの面倒を見ましょう。

また、背中のホックやファスナー、頭飾りなど、お友達と協力して着用する練習をします。

 

⑤衣装を着た時のお約束

  1. 衣装を着たら、トイレに行かない
  2. 衣装を着たら、水以外の飲み物を口にしない
  3. 衣装を着たら、床に座らない

 

⑥本番では

舞台の本番では、楽屋のハンガーに自分の衣装を掛けます。

どれが自分の衣装か分からなくならないように、ハンガーに名前を書いておきましょう。

小物も、自分の名前を書いたカゴなどに入れて、どれが自分のものか分かるようにします。

シワになってしまっている場合は、「吊るしてかけられるタイプのスチームアイロン」を低温で使用してシワを伸ばします。高温でアイロンをかけると生地や飾りが溶ける場合があるので注意!

 

⑦本番が終わったら

各自でクリーニングに出していただきます。

衣装によっては手洗いで済む場合もありますので、斎藤の方から出す「クリーニング一覧」を見てお洗濯をお願いします。

複雑な衣装で、クリーニング屋さんに断られた場合はご相談ください。