2020.5.26/三鷹台クラス「母の会費」について

東京都の緊急事態宣言解除にともない、2020年6月6日より三鷹台バレエ教室を再開します。2020年度がやっと始まりますね!

新型コロナウィルスによる自粛期間中には、私のほうでもバレエ教室運営に際して色々な気づきがありました。

生徒さんや親御さんがもっと快適に安心して教室に来ていただけるよう、少しだけ更新をしようと思います。

 

■「母の会費」をなくします


現在、ひと月にひと世帯あたり¥500を「母の会費」としていただいていますが、こちらを廃止します。

「母の会費」はもともと先代の先生が徴収していた名残で、昔は先生へのお歳暮・備品代・衣装代(お母さんたちのお針子)などに使用していました。専業主婦が多く、お母さんたちが顔を合わせてバレエ教室の裏方をやっていた頃特有の団体費というイメージです。

現在は毎月の備品代や保険をはじめ、発表会時の補填(特に衣装代や人件費など)、前回の発表会では写真&動画のデータ代に充てていました。

しかし

  • 「母の会」というシステムがやや前時代的
  • 小銭の徴収もちょっと前時代的
  • 必要ならその都度徴収するほうが明確でお互い安心

という理由から、2020年6月より「母の会費」は廃止し、以下↓のように必要な際に集金するという形に移行させてください。

 

■四月に「保険代」を徴収します


バレエ教室は現在塾保険に入っており、教室に通う途中・レッスン中での怪我や、設備の破損の保証をしています。今までは「母の会費」から払っていました。

こちらは年に一度保険屋さんに支払っているため、4月に【500円/一人あたり】を徴収させてください。本科のチケット制で参加されている方は、希望者のみです。

2020年度は6月に徴収します。

ないに越したことはありませんが、もしバレエ教室の関係で怪我などあった場合、保険がおりますので申し出てください。

 

■発表会時の「衣装費」「人件費」を少し増額させてください


母の会費の一部は積み立てて、三鷹台クラスの衣装代や人件費の補填に充てていました。

母の会費がなくなったぶんを、発表会経費を少し増額する形で調整しようと思います。大幅な増額ではありませんのでご心配なさらずです。出演人数にもよりますが、現時点では数千円プラス程度の計算です。

(例:前回発表会の価格/参加費22,000円+衣装代一曲2,000円/きょうだい5000円オフ)

 

発表会は二年に一度で、次回は来年2021年の予定です。思い出に残る発表会にできるよう、衣装には力を入れています。ぜひご理解いただけますと幸いです。

また、発表会には膨大な数の人が関わっています。人件費についても、お手伝いしてくださった方にきちんとお支払いができるよう、こちらもご理解くださいませ。

 

■月謝のキャッシュレス支払いを可能にします


今まで封筒での現金支払いのみでしたが、ご希望の方はキャッシュレス支払いを可能にします。

  • 銀行振込
  • PayPal
  • PayPay

での支払いが可能です。(いずれも手数料はご負担いただきます。)

ご希望の方はお知らせください。もちろん、引き続き封筒でのお支払いでも大丈夫です。