【オーガンジーの熱加工】スーパーボールを使ってイボイボの布を作る

投稿日:

今日はオーガンジーの熱加工にチャレンジしてみようと思います!

「オーガンジー」とは、薄くて軽く、ハリのある風合いの手織りの平織物のことを言います。

独特の光沢と弾力が最大の魅力。上品で繊細なボリューム感を出すことができるので、舞台衣装には頻繁に使われます。

オーガンジーには、絹やレーヨンを使用したものもありますが、熱加工ができるのはポリエステルでできた「ポリエステルオーガンジー」です。

スーパーボールをくるみ、しっかりと輪ゴムで固定します。

大きいボールや小さいボールを混ぜて、ランダムにたくさん固定していきます。

裏から見るとこんな感じ。

鍋にたっぷりと水を入れて沸騰させます。

今回は布の一部は熱加工したくなかったので、布の半分を手で持ちながら、浮いてくるボールを菜箸でぐいぐいとお湯に入れます。

手が熱い……

10分ほど茹でました。

水をかけて布を冷ましたら、輪ゴムを糸切はさみで切って外します。

布を切らないように注意!

ボールの形に布が膨らみ、たくさんのイボイボができました!

イボイボの表面にある金色の糸。

これは、スーパーボールをくるむ前の平らな布の時にステッチを入れておいたものです。

簡単にできるオーガンジーの熱加工。色々なアイディアが広がって楽しいです!